2016年 05月 14日
クラッカースルーリグ
最近ハマっているのが、早明浦ダムで関和くんに教えて貰った「クラッカースルーリグ⁈」
b0198668_14255418.jpg






野池でもフラッシュストレート4.3をセットし、カバーでシェイクすると50オーバーのビッグバスがバイトして来ました。
b0198668_14255421.jpg




これにはビックリ‼︎この野池そんな簡単に釣れる池では無いので、クラックサウンドがカバーの中でビッグバスを怒らせたのでは?と思います。



これは「なるほど‼︎」と思ってしまうリグで、実はリングオフセット♯1にクイックチェンジャー1.8グラムを2個装着し、タングステン同士がぶつかり合う波動でバスに激しく襲うスイッチを入れる作戦です。



あまりにすぐの効果に「ホンマかいな?」と思いましたが、関和くんは霞で良く釣っているようなので、バスっていう魚は本当に金属が、ぶつかり合う衝撃やサウンドが好きなんだなと再認識させられました。(すまん‼️バラしてしまいました(^_^;))



この「クラッカースルーリグ」+フラッシュストレート4.3がかなり良い仕事をしてくれ、取材で訪れた渋い亀山ダムでも大活躍!
b0198668_14255471.jpg



これ、かなり信頼出来るコンボです、



この後行った店舗でのイベントでも、クラッカースルーリグで使うタングステンモデルの「グレネードシンカークイックチェンジャー」や


フラッシュストレート4.3に合う「リングオフセット♯1」があっという間に売り切れるなど、人気のあるリグでもありました。



そして関西に帰り、マックスさんの社員研修で訪れた淀川でも、厳しい状況の中試してみると、



フラッシュストレート4.3のクラッカースルーリグで連発‼️
b0198668_14255523.jpg



これには、自分もビックリ⁈
b0198668_14255543.jpg




これは、このリグには何かがあります。




iPadから送信

# by purplestream | 2016-05-14 14:13
2016年 04月 16日
信頼のアバカス2.8
ちょいと前の話になりますが、ロドリさんの取材で霞ヶ浦水系に行ってきました!

取材の前日まで、安定した暖かさが続いていたので、勝手な妄想で「釣れるだろうな!」と思いながら行って来たのですが、私の取材運の悪さは日本一?と言われるぐらいなので、やっぱり前日から北風吹きまくりのムチャクチャ寒い1日に当たってしまいました。(毎度ながらスタッフの中村君には、「またですか~」と笑われる始末)

しかも何かと忙しく、出発も深夜になり朝の待ち合わせにギリギリの強行軍なので、この寒さは本当にこたえました。

もちろん、何があるか分からない自然相手のゲームなので、一応防寒着も用意しておいたのですが、その下に薄手のダウンを着た状態でも強烈に寒い、寝不足に寒波とメチャ過酷な取材になってしまいました。

それでも、風が止み暖かくなった瞬間を見計らい、何とかギリギリの線でバスをキャッチする事が出来ましたが、危うくボウズをくらってしまうところでした。

しかし、この危機を救ってくれたのが「アバカス2.8」+パワーベイトフィネスフック♯1に、1/16シンカーのダウンショットでした。
b0198668_08550596.jpg


パワーベイトフィネスフックは、リングオフセットと同形状のフックで、フックポイントがカバーされ易く障害物廻りではトラブルが非常に少ないのが特徴。

フッキングレスポンスもかなり良いので、スピニングにも対応し、ノガレス特有の剛性で、ベイトフィネス以上の使用でも信頼できるオールマイティなフックです。

そして、アバカスのテールはユニオンスイマーのテールデザインを採用しているので、いきなりリニアにタイムラグなく動き出し、このサイズのシャッドテールワームの中ではかなり速いピッチで、ワイドにテールを振る感じです。
b0198668_08550568.jpg



その為、小さなボディですが大きく水を動かして、濁りの多い春のフィールドでも、存在をバスに知らせてくれます、三寒四温の春では特にバスが浮いている感じなので、少しボトムを切った処をゆっくりでもしっかり泳ぐルアーはバスをキャッチし易くしてくれます。

こんな理由から、使うリグもダウンショットにしてみましたが、それがバッチリハマった様です。

余談ですが、厳しい状況の新利根チャプターで準優勝を果たした中村大輔もアバカスに助けられたようですので、霞水系ではかなり効きます。
b0198668_08550651.jpg


釣れなかった早明浦ダムでの試合も、この取材を思い出し、アバカスを投入!
b0198668_08550635.jpg



アバカスのダウンショットは信頼して使え、疑心暗鬼にならない信頼できるワームなので、集中力も途切れる事なく使い続ける事が出来、安定してバスを釣る事が出来ました。
b0198668_08550680.jpg


ジグのトレーラーだけと思われがちですが、ダウンショット以外にもライトテキサス、スルーリグ、スプリット、キャロと高次元に対応してくれます。

ラトラーが装入出来るホールもあり、濁りにも強いのがアバカス2.7の特徴です。
b0198668_08550673.jpg


発売時期は、ポストスポーンで釣りにくい状況だと思いますが、アバカスなら確実にバスをバイトに導いてくれると思います。

アバカスは現在生産に入っていて順調に進んでいます、もうすぐパッケージも出来てくるはずなので、4月後半~5月頭には予定通り出荷出来そうです。






iPadから送信

# by purplestream | 2016-04-16 08:48
2016年 03月 20日
KTFチューンド、アルデバラン
今年から導入するベイトフィネスリールのKTFチューン、アルデバランも本格的に使ってみました。
b0198668_13024531.jpg



このリールは本当に凄いです!
b0198668_13024577.jpg


ノーマルは私にはピーキー過ぎてお蔵入りと思ってましたが、沢村さんに頼んでチューンしてもらうと別物に、

フラッシュストレート4.3インチが0.9グラムのネイルシンカーで低弾道でピッチング出来ます。
b0198668_13024527.jpg



自分に合ったセッティングが必要ですが、この軽量ルアーがスムーズに狙ったポイントに入るのは遠心ブレーキならではと感じます、

しかもラインは12ポンド使用なので、驚きました、
b0198668_13024634.jpg


因みにノーシンカーでも低弾道でピッチング出来たので、リザーバーなどでは相当な武器になりそうです。

アルデバランの場合、ハンドルがボディと近いので、かなり一体感があり、
b0198668_13024632.jpg



KTFハンドルとドラグノブに変えれば、驚きの一体感が得られ、ロッド操作が、変わりそうです。

やっぱり、カーボンはカッコ良いだけでなく、軽量化の恩恵がハンパ無いです。

少しずつですが、凄い武器が揃い出して来ました。

# by purplestream | 2016-03-20 09:00
2016年 03月 18日
亀山モンスター

ここのところ、あいも変わらず様々なルアーサンプルの作成やテストは顕著に行っていますが、1日釣りをする時間が中々取れないのが悩みです。
b0198668_12400048.jpg


もう少しすると時間も取れそうなので、テストも関係ない釣行の予定を立てようと考えています。

ただ、その間も私の仲間達は顕著に釣行を重ねてくれているので、「見せれるレベル?」のサンプルが出来れば、スタッフに送ってテストをしてもらっています。
b0198668_12400186.jpg


そしてそこに「大事件‼︎」が発生したのです。

何時ものようにテストを依頼していた、スタッフの中村大輔からラインが入り、

ルアーテスト結果かな?と思っていると、「とんでもないバスを釣ったかも?」という内容でした。

そして、その後すぐに電話が・・・60ありそうという内容に、「え、何処で?」と聞いてしまいました。

と言うのも彼は関東人なので琵琶湖なら珍しくも無いのですが、釣れたのは亀山ダムと言う事でした。

関東バサーの聖地亀山、多くのバサーが釣行を繰り返す超プレッシャーのレイクです、その亀山でロクマルは凄いな!と言うのが1番の印象でした

トキタボートさんで公式に計測して貰うと60.5センチ 5100グラムの超弩級のバスだった事が分かり、私も正直驚かされました。
b0198668_12400150.jpg


しかも釣ったのがユニオンクローの5グラム、スルーリグだったようで、
b0198668_12400117.jpg


用意周到だったなと思ったのがビッグサイズが来ると分かっていたので、フックを敢えてリングオフセット、モンスター2/0に変えていたようです。
b0198668_12400219.jpg


b0198668_12400244.jpg



ユニオンクローは昨年後半に発売されてから、琵琶湖ではかなりの数のロクマルの報告を頂いていて、
b0198668_12400348.jpg


やはり頭の良いビッグバスはそう簡単に釣られるものでは無いので、相当ビッグバスに捕食させる魅力があるのだなと感じていました。
b0198668_12400350.jpg


もちろん、デカいバスが釣れるように細部まで考えて作り込んだクローだけに、

その報告で自信を持っていました。

今回も爪のホールにTGフィネスラトラーを入れ、釣ったようですが、
b0198668_12400393.jpg


やはり音の出るワームが無いだけにラトラーでのサウンドチューンは絶大なるものがあります。

ただ、ビッグバスをユニオンクローで釣った方がよく言うのですが、

動かした後のポーズで見せて喰わせられるか?ここがルアーの力が試されるところだと思います。
b0198668_12400315.jpg


もちろん、ポーズまでのプロセスもあっての事ですが、そのトータルに優れているルアーしか気難しいバスに喰わせる事は出来ないのだと思います。

iPadから送信

# by purplestream | 2016-03-18 12:30
2016年 03月 03日
タレックス
かなり久しぶりで、
b0198668_00452088.jpg


タレックスさんのショールームへ、

行って来ました。

目的は、視力の正確な検査、
b0198668_00452062.jpg


今の視力に合った偏光を作って貰うためです。
b0198668_00452017.jpg


ショールームに行くと最新の測定器で、

視力などを計って貰えます。

結果、

数年前に比べても、意外と視力の低下はなく、



b0198668_00452150.jpg

今回は境目の無い、遠近両用のニューモデルを
b0198668_00452149.jpg


作って頂きます。

レンズのカラーや

ミラーコートなど、

自分の目に合ったレンズを

ショールームの前のメダカ池で、
b0198668_00452165.jpg


納得行くまで試せます。

レンズが決まれば、
b0198668_00452292.jpg


次はフレーム!

細かなフィッティングもやって貰え、
b0198668_00452245.jpg

かけた時の疲労が、激減するので、

出来上がりが、楽しみです。

そして、

となりの喫茶店のコーヒーも、
b0198668_00452282.jpg


かなり、美味しかったです。








# by purplestream | 2016-03-03 23:58