2010年 11月 03日
ガード強化してみました
昨日紹介したジグヘッドですが、チョットした工夫をしているので、今日はそれを紹介しましょう。
b0198668_0124488.jpg


見るからに強そうなガードです。



普段ならフッキングマスタージグヘッドには、同梱されている黒色のブラシガードをジグヘッドのガード用の穴に瞬間接着剤で接着している。
通常のウィードやカバーなら、この方がフッキングも良く、カバー回避能力もそこそこあるので、万人に使いやすいセッティングとなるでしょう。
しかし、早明浦ダムのような立木の多いリザーバーでは、攻めているレンジや水深のカバーは、神経を集中しているので根がかりが少ないのだが、その後の回収時にリールを早く巻いてしまうと、手前にある立ち木などに不意打ちで“ひっかっかってしまう事”が意外に多くあるのだ。
b0198668_0217.jpg


セクシーアンクル5.5インチにネコリグマスターはM+を使用しています。





こんな場合、ガードを付属の物より強い物をセットすると、無駄なロストが防げ、快適な釣りが出来ます。
私の場合は、フロロカーボンのショックリーダーを愛用していて、色んな強さのショックリーダ-―を試合などでは常備しています。
大体60~100ポンドぐらいあれば、ジグヘッドからフットボールまでカバー出来るので実に便利。
b0198668_063536.jpg


フロロとナイロンがあるので注意、フロロをお求めください。





使い方は簡単、これまた常備している【ピンバイス】に【精密ドリル刃セット】を用意しておくと、釣りが終わった夜に、次の日に向けて最良のガードがセット出来ます。
b0198668_082083.jpg


年季の入ったセットです。





最初から開いている穴に、最適なドリル刃で穴をあけ直し、ガードを接着するだけです。
ちなみに写真は“ローリングフラッシュジグヘッド”に付属のショックリーダーガードです。(この場合は0.8~0.85ミリのドリルで揉んで下さい)
b0198668_094972.jpg


フロロガードは接着後、爪で何度か軽くしごいてあげると、真っすぐになりますヨ。





なお、このセッティングの場合、ガードが固くなるので、それに見合ったフッキングの強さと、アリウープなどのパワーのあるロッドで確実にフッキング出来る動作を心がけて下さい。
b0198668_0105915.jpg

 

by purplestream | 2010-11-03 00:15


<< リゾート気分?      フッキングマスタージグヘッド >>