2015年 04月 11日
ネコリグオフセット、セット法
北浦でのプラは過酷でした、身体が悲鳴をあげそうになって来たので、整体に・・・
b0198668_258132.jpg



いつも行くのは、京都の伊良知さん、メッチャ楽になります。

そんなタイミングで、ネコリグオフセットが発売されました。
b0198668_258157.jpg


正直言って、売りたく無いアイテムで自分だけが使っていたかったのが本音です。

でも、そんな事は言ってられません、皆さんに喜んで頂ければと思い、最短での発売にこぎ着けました。

このフック、フラッシュストレートでは、ボディに穴が開いており、セットがかなり楽なのですが、もう少し後の発売になります。

もちろん、世にある色んなストレートワームにも使って頂けるので、セットのコツを交え、説明して行こうと思います。

先ずワームですが、ワームに明確なシームが入っている物がセットしやすく、例を挙げると、イールクローラー、ボウワーム、マグナムスワンプなどです。
b0198668_258270.jpg


このクラスだと、1か、1/0がオススメ、フックにラインを結び、シームを狙ってフックを刺し、ラインを通してしまいます。
b0198668_258297.jpg

b0198668_258322.jpg


ここはかなり重要、ここで真っ直ぐ刺し通す事で、動きが安定します。

そしてそのラインを通して来た所を狙ってフックを刺して行きます。
b0198668_2581027.jpg

b0198668_2581055.jpg



コツとしては、頭から刺すのと同様に穴から刺すのですが、ワームのセンターにフックが通るようにし、後は通常のオフセットと同様にヒックリ返し、アイの部分に、同封のペグを刺し通す、ペグは太陽にかざすとみえやすく、セットしやすいですが、慣れればかなり簡単に出来るようになります。
b0198668_258439.jpg

b0198668_258596.jpg


こうする事で、アイがワームから全くズレ無いので、フックポイントが出ず、かなりの障害物でも、難無くすり抜けて来ます。
b0198668_258527.jpg


その後、ワームが真っ直ぐになるようにフックポイントをワームに埋め込み、セット終了ですが、最後のコツとしては、フックを左手で持ち、ラインを右手で持って、真っ直ぐ引っ張ると
フックのアイの結びめが移動するので、フッキングが抜群になり、又ワームの動きも安定します。
b0198668_258610.jpg


ペグを打つのが面倒な方は、フックにノガレスから発売されている、ワームストッパーをセットして頂くのも、有効な使い方です。
b0198668_2581157.jpg


b0198668_258740.jpg

b0198668_258745.jpg


これらを守って頂くとかなりのパフォーマンスで、使って頂く事が可能になります。

今回のプリプラでは、クローワームに3/0をセットして、テキサスでも使ってみましたが、凄いワイドゲイブとストレートフックに近い形状が抜群のフッキングを可能に、凄い奥を貫きバレにくさはかなりの物です。
b0198668_258880.jpg

b0198668_258884.jpg



アイにペグを打つ事で、パンチングではワームがズレずにトラブル無し、フッキングは抜群と言う、フッキングの悩みも解消してくれますので、是非試して貰えればその素晴らしさが分かって頂けると思います。
b0198668_258916.jpg

異次元のフッキングが決まりますよ!
b0198668_2581026.jpg


by purplestream | 2015-04-11 01:48


<< 今週末はイベントです。      遠賀川初日 >>