2017年 02月 09日
フィッシングショーでの出来事1
2大フィッシングショーも終わり、


名古屋まで、ちょっと一息です。


ここまでのショーでは対面で、


フラッシュユニオン製品について、説明させて頂きました。
b0198668_10212895.jpg



各種触れるサンプルを置いておくと、

だいたい皆さんスイムベイトに興味があるようで、

ユニオンスイマーを見に来られます。
b0198668_10212832.jpg


「これフローティングなんですよ!」と

設置の水槽に浮かぶユニオンスイマーを指差すと

「えっ」と驚かれます。

更にお腹の「フックホールドシステム」を説明すると、更に驚きが。。。

何回もフックを刺して固定すると、ボディが裂けてフックが固定出来なくなりますが、

ユニオンスイマーには、スリットが設置され、
何度でも使用可能です。

スイムベイトが効く日は、湖中が効く条件になっている事も多々あるので、
b0198668_10212999.jpg


こんなトラブルも回避出来、快適にスイムベイトゲームを展開する事が、出来ます。

話しを続けると、やはり強度についての質問が多くあり、

スイムベイト=破損しやすいイメージがあるようです。

しかしユニオンスイマーは、コアとアウターの二重構造を採用する事により、

ワイヤー抜けや裂けてしまう事が無く、
b0198668_10213168.jpg


かなりの数の対象魚を釣って頂ける、
b0198668_10213152.jpg

(こんなデカシーバス10本以上釣れるんです!)


長く使えるスイムベイトになってます。

by purplestream | 2017-02-09 09:28


<< フィッシングショーでの出来事2      スルダンリーダー&ループモスキート >>