2017年 02月 10日
フィッシングショーでの出来事2
ユニオンスイマーの続きです。

強度に優れ、フローティングと言う、
b0198668_11572335.jpg

(シーバスまで魅了し、激釣れなんです。)

ユニオンスイマーですが、

唯一無二のスイムベイトと呼ばれる由縁は、

そのアクションや使い方にあります。

通常のスイムベイトは、バスの居そうなポイントにキャストしますが、

沈むため、リトリーブを開始します。

すると、バスからどんどん離れて行くので、

チェイスを開始した瞬間から、ルアーとの間に距離があり過ぎ、

かなり、ヤル気のバスしかバイトさせれず、

チェイスのみになってしまう事が、圧倒的に多くなります。


ユニオンスイマーが、フローティングなのは、

バスの居そうなポイントにキャストし、

止めて置けるようにしてあるのです。
b0198668_11572499.jpg

(フローティングなので、低水温期はサスペンドチューンでジャーク&ポーズ、シャッドのようにも使えます。)



そして、通常のスイムベイトでは絶対に出来ない、ジャークによるドリルフラッシュやドリルダート、

これを使う事でバスに気付かせ、水面近くまで呼び寄せる事が可能なんです。
b0198668_11572433.jpg

(スモールは、スイムベイトとは思えない、オールジャークメソッドで、狂います。)


何故ドリルが付くのか?と言いますと、ジャークした時に

テールとボディが逆方向にねじれ、ドリルの刃のようになります、その時にフラッシュするのですが、
b0198668_11572537.jpg

(岸釣りでは、手前の障害物で浮かせれば、根掛かり回避出来るので、果敢に攻められます。)


止めると、ボディもテールも戻ろうとするので、

更にタイムラグのあるフラッシュをし、同時にテールも水を大きく掻き回します。



このメソッドは、とんでもない集魚効果があり、

水深4メートルのボトムからさえ、バスを水面まで呼ぶ力があります。
b0198668_11572533.jpg

(この日は水温10度以下、水深4メートルのボトムから、水面までコールアップ、7キロオーバーの釣果、驚きです‼️)


全てを計算し尽くし、作り上げたユニオンスイマー、

こんな説明させて頂くと、全ての方が驚かれます。

もちろんこの特徴を生かし、強烈な釣果を生み出している方もおられ、

これが浸透すると、多くの方が、

ユニオンスイマーでのエキサイティングなゲームを楽しんで頂けると思います。





by purplestream | 2017-02-10 10:42


<< フルメタ18g      フィッシングショーでの出来事1 >>