2017年 07月 20日
トップ50七色戦

トップ50も折り返し地点となる、七色ダム戦が行われました。
b0198668_00204549.jpg


昨年もこの地で試合が行われたのですが、弥栄に引き続き、このフィールドも苦手意識が強い感じです。

この七色の試合、60馬力制限なので、ボートを借りる事に、

何とか柏木さんとこの、サウザーを貸して頂けました。


どうしても借り物のボートになるので、慣れないところがあったりしますが、弥栄に比べると充電問題が無いだけ天国です。

今回もティーズオンさんでお世話になり、
b0198668_00204679.jpg


快適に過ごす事が出来ました〜〜。

ただ、七色のバスは、天才揃いで釣り難い、非常に癖の強い湖と言った感じを受けてます。

昨年も正直手が無く、初日大ホゲの予選落ちの危機から、

大雨による濁りで、大博打となる、スピードキラーが爆発、
b0198668_00204625.jpg


一気に捲り上げ予選通過出来たのが記憶にあるぐらいです。

そう何度も大雨にタイミングが合う筈もなく、今年はどうなるのやら?

今回はプリプラが仕事の都合で出来なく、直前プラの2日で把握する事になりました。

プラで大きなバスは釣れましたが、再現性の無い釣れ方、

自分なりに羽根をいじったダッジで50クラスを釣りましたが、その後あまりにも当たらず、これもダメ。
b0198668_00204788.jpg



そんな時、プラ終了間際にスライドフォールジグ7gにアバカス4.3のコンボで、

これまた55クラスを掛けましたが、人がいたのでワザとバラしました。

取り敢えず、やれることを一つ見つけました。

他の選手はまずやらない戦略なので、どう出るかやってみないと分からないですが、試す事に。

初日は、朝からこれを投げ倒し、キッカーの1200、
b0198668_00204852.jpg


使用したタックルは、琵琶湖用なのでラインは20ポンド、

こんな太いラインは自分しか使って無いだろうな?と思いつつ、楽勝のランディング。

これで初日は、何と5本のリミット全てを入れることが出来ましたが、思ったよりサイズがのびず、順位は31位で、またもや予選落ちの危機です。

2日目はジグが全く駄目で、途方に暮れながら何とかグッドサイズの見えバスをアバカス2.8のダウンショットとイモムシで4本入れることが出来、
b0198668_00204800.jpg


14位までジャンプアップ。

ただ、超デカいカップルのペアリングを目撃し、翌日に勝負と思いました。(これが、ダメでした。)

最終日は、昨日見えていた60を遥かにしのぐ個体のペアリングを確認していたので、さらなるジャンプアップをするには狙う事しかないと思い、

もっと上を狙うなら、と挑みました。

ところが、朝はバスが全くいません。

ただ、水温の上昇に合わせたのか、40〜50のスクールが入って来たりするので、

どんどんサイトにハマってしまい弥栄での反省が生かされず最終日はホゲってしまいました。

ただ、手が無く予選落ちムードが濃厚だったところから、

今回はアバカス4.3,2.8に助けて貰えたので、
b0198668_00204910.jpg


コンフィデンス持って試合で使えるアイテムが少しづつではありますが、揃いつつあるのが、

嬉しいところです。

iPadから送信

by purplestream | 2017-07-20 07:23


<< C馬シークレットチューン      ニューPEライン >>