カテゴリ:未分類( 509 )

2017年 12月 01日
来期は、チャージャーボート

嬉しい事に、来期からチャージャーボート日本総代理店となる、昭和電機様にサポートして頂ける事になりました。
b0198668_18500506.jpg

この話を頂く前に、私自身、チャージャーを昔のイメージで見ていたので、バサーオールスターの会場で展示されていた210を見るまでは「チャージャーの作りなんだろうなぁ」と思っていました。

しかし、その予想は良い意味で裏切られ、デッキなども凄く綺麗に作られていたので、驚きを隠せませんでした。

チャンピオンのハルの型を使って作られたチャージャー、チャンピオンの伝統となるアローも入り、心惹かれる輝きさえ放っていました。
b0198668_18432055.jpg

それからかなりの時間を経て、いきなりオファーを頂いた時に、まだ少し心の奥に何か心配事があり、 契約は試乗後という事にしてもらい、乗ってから決める事にしました。

試乗の日は、お誂え向きに琵琶湖はラフウォーターコンディション、普通「ボートに乗りたいな」とは思わない状況です。

そして、エンジンがこれまた自分の中ではイメージの良く無かったベラード、実際に250馬力のベラードは、海で結構乗っていたので、「無い」と思ってました。

先ずは、湖上に出る前にデッキ周りのチェック、驚いたのはドライビングシートやフットレストの位置が日本人でもシックリ来る位置でした、アメリカのボートなので、大概ポジションは合わない事が多い部分なので、嬉しいポイントです。
b0198668_18423654.jpg

サイドのロッドストレージはチャンピオンの伝統、ロングノーズならではの長く深いストレージで、ロッドやタックルボックスがメチャクチャ入ります。
b0198668_18382826.jpg

センターのストレージも、これでもか?と言うぐらい入りますが、更に二重底になっていて、普段使わない物を入れておけそう、コンソールの横にも小さな引き出しが両サイドにあり、収納は言う事ありません。
b0198668_18395050.jpg

リヤのデッキもライブウエル、サイドストレージ、バッテリーストレージとあり、デッキもかなり広い。

更にシートには、まさかのシートヒーターまで、
b0198668_18463511.jpg


サイドストレージは、バーサスが縦に入る深さで、メッチャ収納出来、ライブウエルには光が入る事でバスが平行感覚をつかみ、弱りにくい工夫がされています、これはかなり効果的なようです。
b0198668_18403723.jpg

バッテリーのストレージも広く作業がし易い感じです。

さあ〜、どんな試乗になるのかワクワクしながら湖へ、、、

ここでまた驚いたのは、かなりスターンヘビーになるのでは?と思っていたべラードでしたが、どうやら、この210自体がチャンピオン時代のスキートリースに合わせて作られ、スキートリースと言えばベラード!そんな事も有り、ベラードとのセッティングはかなり密におこなわれていた様で、バランスが良かったのもビックリ!
b0198668_18444195.jpg

実際に荒れ狂う湖の中をリブレから長命寺付近までパッセンジャーで体感しましたが、怖さが微塵も感じられず、自分でも、向かい波、横波とテストドライブしてきましたが、ただただ、笑うだけしか無い楽しい状況でした。

自分自身、チャンピオンは10台近く乗り継ぎ、18DCXに225psまでチューンしたエンジンを載せ、空中排気仕様の80マイル近く出る、爆音モンスター艇も乗っていた事もあったぐらいの自称チャンピオン通です、それ以外にも19〜22まで色んなチャンピオンを乗って来たうえで、感じたのは、この210は別格です。

今迄のチャンピオンを遥かにしのぐ走破性に荒波を乗り越えた時の安定感から生まれる安心感は、味わったことのない感覚でした。

「ここまでとは‼︎」と、予想を遥かに裏切る完成度の高さと、チャンピオンには無かった安定感、荒れる湖上で釣りをしても、全く横揺れしない事に驚き、チャンピオン社のエンジニアが移籍し進化させたのだなと言う事に納得させられました。

これだけ荒れた湖を、水シブキを被る事なく走り抜けられるのは、チャンピオンボートの血統しか無いと思います。

もちろん、衝撃が少なく体に受ける負担が少ないので、全湖での釣りをターゲットにした方には絶対的に勧められるボートと言え、同時にベラードにも驚きを隠せません、四千回転から来る加速は流石にスーパーチャージャー、フォーストとは思えない乗り味です。
b0198668_18412415.jpg

ベラードはパワステを搭載しているので、荒れた湖で横波を交わすハンドルさばきが細かく行え、しかも疲れる事なく容易に出来ます、流石にパワステは楽です‼️

「文句のつけようが無い!」その乗り味に、何もかも吹っ飛び、契約させて頂く事になりました。

荒れ狂う湖を楽しみながらドライブ出来るボートはそうそう有りません。

この試乗では終始荒れた中を走りましたが、体に受ける衝撃は皆無と言って良いぐらいです。

今後は北湖を視野に入れた戦略を組もうと考えていた矢先なので、強烈な武器を手に入れる事が出来、納艇される日が今から楽しみでなりません。

結果として、エンジンも210とのマッチングの良さからベラードの魅力にノックアウトされてしまい、プロ300を選ぶ事となりました。

まだまだセッティングが出ていない状況でこの走りと言うことは、エンジンの高さやプロップがマッチすると更に素晴らしい物になると思います。

とにかく、荒れた湖でもドライビングを楽しめる唯一無二の最高のボートだと思いますので、実際に試乗して貰えれば、衝撃が走ると思いますよ。
iPadから送信

by purplestream | 2017-12-01 18:36
2017年 11月 28日
スピードキラー、サスペンド
ターンオーバーも落ち着き、これから一年で最も最低水温に向かう時期になり、サスペンドルアーが活躍する時期になって来ました。

そのサスペンドルアーの中でも厳しい冬にオカッパリでバスを釣るには、シャッドが頼りになると思います。

フラッシュユニオンにもシャッドがあり、かなり特徴的なシャッド、スピードキラーが有ります。
b0198668_14511943.jpg

スピードキラーの特徴としては、潜る事で動きを得るシャッドに対し、超スローで動くキラーリップを搭載し、レンジを変える事なく泳がせる事が可能なので、狙ったレンジをトレース出来ます。

要はミドストの様にレンジをスローリトリーブで狙う事が可能になるのです。

そのスピードキラーには、フローティングモデルの他にサスペンドモデルが有り、
b0198668_14540078.jpg

水中で止めて見せれるサスペンドモデルは、低水温で動けなくなったバスに見せる事で、近付くチャンスを与えられ、その動作を繰り返す事により、低活性のバスにも追いつけるタイミングを与える事が出来るモデルとなります。

ただ、トップ50の最終戦の霞水系戦では、それほど低水温では有りませんでしたが、急激に水温が低下した事を考慮し、障害物を抜ける度にポーズを入れ、バイトさせる事に成功しました。
b0198668_14571706.jpg

スピードキラーサスペンドで、開始直後いきなりバイト!やっぱりスローに巻けるスピードキラーはタフな時には強いです。

因みにサスペンドを選んだのは、止める為ではなく、強風の向かい風でシャッドを狙った所に投げる為で、この様に急激に水温が下がる事でバスは追う力が無くなるので、かなりバスに近づける様に、ピンにタイトなキャストが要求されます。

あまり知られていませんがスピードキラーは、フローティングは4.5ミリのタングステンに対し、サスペンドは5ミリタングステンが入っていますので、向かい風でも矢のように飛んで行くように設計しています。

季節風が吹くフィールドで、オカッパリの場合は風の向きなど考慮できない為、向かい風でのキャスタビリティを考え作られているのです。

重要なのは、移動するタングステンボールだけでなく、スピードキラーの場合、固定のウェイトが、お腹のエイトリングに沿って低重心になるように収められています。

これは、向かい風でキャストした時も、アンカー効果によって飛行姿勢が安定するように設計しているからで、因みに頭側に固定のウェイトがあるシャッドは、風が吹くと、きりもみ状態で落下するように落ち、飛距離が伸びないばかりか、狙ったポイントにキャストするのも困難になります。
b0198668_14595452.jpg

比較的アクションが出しやすく、簡単にルアーが作れるので、この部分に固定ウェイトを入れる事が多いのですが、潜ろうとする力が強くなり、カバーで不自然な抜け方をするので、根掛かりも多くなります。

実際にフィールドでのテストを繰り返していると、季節風の強い向かい風でのキャストに不満を感じますので、スピードキラーでは、そこを徹底的に見直し、作り込んでいます。

フラッシュユニオンのルアーは、実戦から生まれた物が多いので、こんな時に使って頂くと役に立つと思います。


iPadから送信


by purplestream | 2017-11-28 14:44
2017年 08月 29日
続、ダッシュボードチューン
このところ、仲間内で流行ってるダッシュボードチューン。
b0198668_15310908.jpg


ただ単に車のダッシュボードの上に直射日光が当たるように置いておくだけの簡単チューンなのですが、1日でワームがテロテロになります。

ワームをよく鍋で煮るチューンを行う方は意外とおられるかと思いますが、ソルトワームだと塩が溶け出し、マテリアルによってはベトベトしたり、素材自体がクタクタになってしまう物まであるので注意が必要です。

その点ダッシュボードチューンは、そのままの質感でテロテロになるので、さらにワームの動き出しが良くなります。

特にユニオンクローはカバー撃ちなどで使われる事を考慮して、敢えて硬めのマテリアルを選んでいて、ハードなスキッピングなどで使っても、爪がちぎれず、パンチングでもフックからボディがズレにくい利点が有ります。

ただ、オープンで使う場合はダッシュボードチューンでテロテロにすると、爪のロールアクションが速くなり、ザリガニが逃げ惑う時の様な波動を更に出す事が出来るので、デカバスに無茶苦茶効く様になります。

先日行わせて頂いた、ポイントさん2店舗でのイベントでは、
b0198668_15310989.jpg


実際にダッシュボードチューンした、クローとノーマルを展示して、触って頂きましたが、
b0198668_15311030.jpg


かなりソフトになる事に、驚かれていました。

フラッシュユニオンのワームマテリアルはかなり丈夫なので、チューンをしても、キャストなどでワームが破損する事もなく、

「その動きは生き物のようなライブ感」になり、

リールの試投会などでアバカス4.3のダッシュボードチューンが付いていたりすると、その動きに驚かれる方が多いようです。

このアバカス4.3、デッドスローから大きくテールを振るのが特徴で、アピールが強くビッグバスが釣れます。

最近の桧原湖ガイドでも、アバカス4.3のフットボールとのコンボはビッグスモールマウスを選んで釣る事の出来るアイテムとして、人気が急上昇中です。
b0198668_15311099.jpg


このアバカス、最近はソルトでも活躍しており、ヒラメがかなり釣れています。

夏の時期はあまりヒラメが釣れにくいようなのですが、アバカス4.3はかなり効いています。
b0198668_15311141.jpg


釣って頂いている方に聞いてみると、やはりスローでも大きく振るフラッシュユニオン独自のテールがヒラメに効くようです。
b0198668_15311262.jpg


持たれている方は、是非ダッシュボードチューン試して頂けたらと思います。

iPadから送信

by purplestream | 2017-08-29 14:58
2017年 08月 26日
完成間近⁈チャター
チャターの開発を本格的に進めて一年以上経ちますが、
b0198668_09575063.jpg



最も早くサンプル上で完成したのは3/8オンスでした。
b0198668_09575167.jpg


3/8ozは既に樹脂タングステンのヘッドを成型するための本金型を製作していて、進行中なのですが、
b0198668_09575113.jpg



3/8用のブレイドの抜き型が一足先に完成したので上がって来ました。

3/8に引き続き1/4もサンプル上では思ったような感じの物が出来、こちらも少し遅れて本金型を製作中です。

と、いう事で、最後は1/4ozと同時開発していた、1/2のテストを主にしているのですが、

変更した三代目のヘッドが、かなり良く、自分自身でこのチャターのどこをどうすれば良いかが手に取るように分かって来ました。
b0198668_09575296.jpg


今のところ3種類のウェイトを考えていて、そのどれもに使い方のコンセプトがあり、これらが完成すると色んな状況下で、チャターを使う機会が増えると思います。

このチャターと同時に開発を進めているトレーラーですが、
b0198668_09575204.jpg



トレーラーだけでなくそのワーム自体でも使って頂ける仕様を考えていて、単体でもかなり面白い感じの物が出来そうです。
b0198668_09575311.jpg




かなり佳境に入って来たチャター、


色んな事を想定してテストを繰り返し、完成させました。


もう直ぐ全てを製品パーツで組んだ、


完成系が手元に届く予定で、メチャ楽しみです。


by purplestream | 2017-08-26 09:16
2017年 07月 31日
アバカス4.3忘れずに!
昨日は、


BBさんで、ZPIさんの試投会があり、


C馬監督が、行って来たようです。
b0198668_23511792.jpg



試投会は盛況で、多くの方が訪れ、


驚かれたのが、


アバカス4.3の動きです。
b0198668_23511804.jpg



ちなみに、ダッシュボードチューン済みの


アバカスなので、デッドスローでも、


生き物のように動きます!


その頃、桧原湖でも、


アバカス4.3でナイススモールが、
b0198668_23511899.jpg



高梨ガイドで、爆っていたようです。
b0198668_23511997.jpg



サイズ、選んで釣れていたようなので、
b0198668_23512076.jpg



桧原湖行かれる方は、
b0198668_23512011.jpg



是非持って行って下さい‼️









by purplestream | 2017-07-31 07:38
2017年 07月 24日
C馬、シークレットチューン炸裂‼︎
アバカス、シークレットチューン、
b0198668_09540524.jpg



早速、琵琶湖で試して来ました。
b0198668_09540696.jpg



ノーシンカー〜1.8gのスルーリグで、


スロースイミング

b0198668_09540625.jpg


結構、楽しめました〜〜。

by purplestream | 2017-07-24 09:48
2017年 07月 21日
C馬シークレットチューン
C馬監督のシークレットチューン、
b0198668_13011389.jpg


試してみました。


シークレットなんですが、
b0198668_13011457.jpg



良かったので、公開!

メッチャ簡単、車のダッシュボードに放置するだけです。(自己責任でお願いします。)
b0198668_13011427.jpg



これだけで、簡単にテロテロになります。
b0198668_13011575.jpg




さすがに、動き出しが更に良くなりました〜〜。
b0198668_13011660.jpg



by purplestream | 2017-07-21 07:23
2017年 07月 20日
トップ50七色戦

トップ50も折り返し地点となる、七色ダム戦が行われました。
b0198668_00204549.jpg


昨年もこの地で試合が行われたのですが、弥栄に引き続き、このフィールドも苦手意識が強い感じです。

この七色の試合、60馬力制限なので、ボートを借りる事に、

何とか柏木さんとこの、サウザーを貸して頂けました。


どうしても借り物のボートになるので、慣れないところがあったりしますが、弥栄に比べると充電問題が無いだけ天国です。

今回もティーズオンさんでお世話になり、
b0198668_00204679.jpg


快適に過ごす事が出来ました〜〜。

ただ、七色のバスは、天才揃いで釣り難い、非常に癖の強い湖と言った感じを受けてます。

昨年も正直手が無く、初日大ホゲの予選落ちの危機から、

大雨による濁りで、大博打となる、スピードキラーが爆発、
b0198668_00204625.jpg


一気に捲り上げ予選通過出来たのが記憶にあるぐらいです。

そう何度も大雨にタイミングが合う筈もなく、今年はどうなるのやら?

今回はプリプラが仕事の都合で出来なく、直前プラの2日で把握する事になりました。

プラで大きなバスは釣れましたが、再現性の無い釣れ方、

自分なりに羽根をいじったダッジで50クラスを釣りましたが、その後あまりにも当たらず、これもダメ。
b0198668_00204788.jpg



そんな時、プラ終了間際にスライドフォールジグ7gにアバカス4.3のコンボで、

これまた55クラスを掛けましたが、人がいたのでワザとバラしました。

取り敢えず、やれることを一つ見つけました。

他の選手はまずやらない戦略なので、どう出るかやってみないと分からないですが、試す事に。

初日は、朝からこれを投げ倒し、キッカーの1200、
b0198668_00204852.jpg


使用したタックルは、琵琶湖用なのでラインは20ポンド、

こんな太いラインは自分しか使って無いだろうな?と思いつつ、楽勝のランディング。

これで初日は、何と5本のリミット全てを入れることが出来ましたが、思ったよりサイズがのびず、順位は31位で、またもや予選落ちの危機です。

2日目はジグが全く駄目で、途方に暮れながら何とかグッドサイズの見えバスをアバカス2.8のダウンショットとイモムシで4本入れることが出来、
b0198668_00204800.jpg


14位までジャンプアップ。

ただ、超デカいカップルのペアリングを目撃し、翌日に勝負と思いました。(これが、ダメでした。)

最終日は、昨日見えていた60を遥かにしのぐ個体のペアリングを確認していたので、さらなるジャンプアップをするには狙う事しかないと思い、

もっと上を狙うなら、と挑みました。

ところが、朝はバスが全くいません。

ただ、水温の上昇に合わせたのか、40〜50のスクールが入って来たりするので、

どんどんサイトにハマってしまい弥栄での反省が生かされず最終日はホゲってしまいました。

ただ、手が無く予選落ちムードが濃厚だったところから、

今回はアバカス4.3,2.8に助けて貰えたので、
b0198668_00204910.jpg


コンフィデンス持って試合で使えるアイテムが少しづつではありますが、揃いつつあるのが、

嬉しいところです。

iPadから送信

by purplestream | 2017-07-20 07:23
2017年 07月 19日
ニューPEライン
ニューコンセプトPEライン、
b0198668_21451739.jpg



テスト中!


昨年から、新しいPEとリーダー、


ノットもテスト。


簡単で強く、使い易いノット、


一年掛けてテストして来ました。
b0198668_21451809.jpg


今では試合でも、使う信頼度です。


七色ダム戦でも、ややこしいポイントの中、


グッドサイズ、キャッチ出来るポテンシャル。


全ては、発売時に明かします。








by purplestream | 2017-07-19 07:35
2017年 07月 17日
息抜き。
久々にイワナ釣りに、
b0198668_23493696.jpg


色々なストレスが、溜まってましたが、
b0198668_23493767.jpg


人がいない大自然に身を置くと、
b0198668_23493788.jpg


何もかも忘れて、無になれます。

雨模様で条件はイマイチでしたが、
b0198668_23493889.jpg


尺も2本釣れ、ウドもゲット!
b0198668_23493958.jpg


良型もそこそこ釣れ、癒されました〜〜。
b0198668_23493997.jpg




by purplestream | 2017-07-17 07:30