<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 24日
ある夏の日の出来事その2
会社の夏休みのある日、北陸の秘境に挑戦する事にした。
夜間に高速をひた走り、3時間ちょいで現地に到着、車中泊で就寝。
翌朝は5時に起床、6時前には出発し、川を遡行する。
b0198668_1842094.jpg


こんな感じの岩場をひたすら歩きます。

人工増設物である、堰堤を一つ、又一つと越えて行く、釣りたいのを我慢しつつ、5つの堰堤を越えた所からロッドをつなぐ。
b0198668_1845921.jpg


堰堤を越えるのも一苦労、かなりの運動です

ここまで約1時間半を歩き、そこからはかなりの距離、人口増設物は全くなく、まさしく自然の渓流が姿を現わすパラダイスである。
b0198668_186544.jpg


この時点でへろへろ、背中のリュックも重くなってきます。

そんな中に身を置くと、嫌な事全てが自然に吸いとられるかの如く、体や心が軽くなる、ストレスからも解放され、時が経つのさえ忘れてしまう。
そして、ここぞと思われる流れからは良型の岩魚が次々にドライフライに飛び出して来る、言葉では形容し難いたまらない瞬間である、本当に心から童心に戻れる瞬間なのだろう。
我を忘れ、ドンドン上流へと釣り上がってゆく。
b0198668_187268.jpg


こんな岩魚が入れ食いです、たまらん~~~。

途中、休憩を入れ昼食タイム、上流には人は居ないので、渓の水を汲んでの昼食。
この素晴らしい自然を独り占めしながらの昼食は格別です、インスタントコーヒーも普段飲むのとは、桁違いの美味しさ、これまた至福のひと時です。
b0198668_1873899.jpg


飯を食う間もないぐらいですが、休憩は必要です、何にも代えがたい時間です。

その後も、かなり良いペースで釣れ続け、何処まで行っても止められない状況、ここで釣れる岩魚のアベレージは、24~26センチ前後が多く、たまに尺近いのも混じる感じで、あまりの釣れ過ぎに、後半はかなり雑な釣りになってしまった。
b0198668_188873.jpg


天然岩魚なので、良く引きます。

岩魚の反応が悪くなれば、納竿しようと思っていたが、それどころか奥に行くにつれ、更に良くなるのだった。
b0198668_1883112.jpg


この日は40本以上釣りました。

それでも、帰りの事を考えると、MAXでも3時半には川を下らなくてはならない、そう心に決め、釣り上がって行った。
そして、予定通り3時半に納竿し、急いで川を下る事にした。
帰りを考えると、良い思いをした分長い距離を帰らなくてはならず疲れてはいるが、そんな事は言ってられない、疲れた体に鞭打ってドンドン下って行く。

そりゃ、9時間も釣りをしていたのだから疲れて当然、3つ目の堰堤に差し掛かった時に少し休憩がてら、堰堤の下を覗いてみると、いいサイズの岩魚がライズを繰り返していた。
b0198668_189444.jpg


堰堤下はかなりの落差です。

「釣ってやろう」よせばいいのにまたまたロッドをつなぎ出す、堰堤下の岩魚は釣れるのだろうか?その時だった、何か視界の片隅で動く物を感じた、そちらに目をやると、草むらが大きく揺れている、「ドヒャ~~~」、その瞬間わが目を疑った。








そう、出たのであるクマだ、それもかなりでかい、岩魚を狙っていたお陰で、向こうはこちらに気づいていない、堰堤から落ちる水の音も私の気配を消していたのだろう。
















クマが出てきたのは、堰堤上にいる私とほぼ同じ高さの崩れてなだらかになった斜面、距離にして15メーター程、いきなりこちらに突進はしてこれないものの、「どないしょ~」と思う所だが、何故か写真を撮る事にした、気分は戦場カメラマンと言った所だろうか。
b0198668_18101053.jpg


「ションベンをちびりそう」とはこんな状況でしょうね。





ただ、そこを通らないと帰る事が出来ない、どうする“絶対絶命”のピ~ンチ・・・・つづく

by purplestream | 2010-11-24 23:48
2010年 11月 21日
貴重な体験でした
今日は、かねてからの約束で、日本海にイカ釣りに行って来ました。
今回はお誘いと言う事で、ボートなども用意して頂き、大名フイッシング。
b0198668_012112.jpg



この季節には非常に珍しく、さざ波が起こる程度の好天で、快適に走行できます。
b0198668_044397.jpg



ところが、天気が良過ぎなのか?全く「さっぱり」アタリも有りません。
こんなに何事も起こらないのは初めてというぐらいの生命感の無さです。
b0198668_0101866.jpg



まあ、それでも何とかイカやタコは釣れましたが、余りの釣れなさに“沖に出て弁当タイム”その時すぐ近くで「ゴボウゥ!!」とボイルのような強烈なサウンドが!!
b0198668_062955.jpg



振り向いたその瞬間、「背びれが・・・」「サメか?」緊張が走ります。
b0198668_0144131.jpg



その正体は、何と“イルカくん”でした、ボートの周りを時折水面を割って顔を出します。
急遽、イカ釣りから撮影会に変更しますが、中々上手く撮れません。
b0198668_0161184.jpg


その後もボートで走行すると、何とこのイルカくん並走して来ました、まるでTV番組で見るそのものです、「大興奮」。
b0198668_0173969.jpg



何物にも代え難い貴重な体験が出来ました!!
しかし、釣れなかったのは「このイルカくんのせいでしょうね。」
b0198668_23125013.jpg


by purplestream | 2010-11-21 00:01
2010年 11月 17日
新しい相棒
待望の新艇が本日ミックに到着しました。
b0198668_0303489.jpg


Z520かなりカッコいいです。


今回は、日本の車検基準などを考慮して、初のボートとなる“レンジャー”に決めました。
b0198668_032480.jpg


何が何だか分からない複雑なインパネ。慣れが必要でしょうね。



モデルはレンジャーの最高傑作と言われる「Z520」
b0198668_0335216.jpg


試合中のトラブルの大半を占めるエレキ、故障が驚くほど少ないと評判のミンコタを今回はチョイス。


未だ乗って無いので何とも言えませんが、余りの豪華装備に、ビックリしています。


b0198668_0361085.jpg


パワーポールも今回は導入、前から導入を考えていたので、新艇購入に合わせてセットしました。これから戦闘力の高い船に仕上げて行きます。

by purplestream | 2010-11-17 00:46
2010年 11月 15日
パスポート
アップする前に、日付が変わってしまいましたが、日曜日に(この日付だと昨日と言う事になりますね)期限切れのため、新しく申請していたパスポートを受け取りに行って来ました。
b0198668_1525873.jpg



有難い事に、日曜日はパスポートを受け取りに行く事は可能です、(滋賀だけかも知れませんが)と、言う事でパスポートセンターがある、ピアザ淡海に出来あがったパスポートを受け取りに行って来ました。
b0198668_157362.jpg


滋賀の場合、申請してから7日後にはパスポートを受け取る事が出来ます。
b0198668_1544126.jpg

初めて見た時は”バスボートセンター”に見えてしまいました、病気ですね。



申請時に渡された引き渡しの書類に、10年間用なので“収入印紙1万6千円”を張り付けます。(結構しますね~~)後は、提出するだけです。
b0198668_1594468.jpg



簡単な質問(本人確認です)の後手渡されました。
b0198668_222963.jpg


  
中のページにはICチップが埋め込まれていて、リーダーにかざすと自分の個人情報が出て来るのには、時代の流れを感じました。
何にせよ、これで海外へ旅立てますね。
b0198668_234254.jpg


by purplestream | 2010-11-15 02:08
2010年 11月 12日
ふとした疑問
いつも思うのですが、何故?パソコンって先ず“アルファベット入力”になるのでしょう?
b0198668_0133565.jpg


ついでに画像も常に”縮小版”になってくれればいいのに




せっかく打った文字が、ローマ字で、「やり直し」すること多すぎ、急いでいる時程「めんどくさいですね」
先ず“日本語”に出来る設定ってあるのだろうか?・・・・
こんなん思っている人って結構いるのでは?

by purplestream | 2010-11-12 00:19
2010年 11月 09日
ある夏の日の出来事その1
私の仕事は、バスフイッシングにに関した事が多く(当たり前だが)趣味の釣りとしては、フライフイッシングに行く事が多い。
b0198668_15563659.jpg


特に岩魚釣りが大好きです。


これは、普段運動不足である事が大きく起因していて、景色が良く空気が旨い環境で、美しい渓流を、歩く事が出来るからである。
b0198668_1550395.jpg


この写真はゴールデンウィークの時です、今年は8月までありました。こんな雪渓の景色を見ながらの釣りは素晴らしい。


ただ歩くだけなら苦痛?かも知れないが、釣りをしながらとなると、苦も無く10キロ以上も歩けてしまう事もある。
モチロンこの釣行には一人で行くのだが、自分のペースで全てを決められるのが煩わしくなくて、自分には合っているのか?
その分、山に入る準備は万端で、“特に動物”に対しての装備は万全にしている。
b0198668_15343117.jpg


これらのアイテムが無かったら、山に入れませんね。




これはその昔から割と「クマとニアミス」する事があったので、その度装備が増えて行っている。
まずは鈴、これは数度買い直し、やっと納得出来るものに出会えた、この強烈な音色をまとってからは、クマなどに遭遇する事は無くなった、それぐらいこちらの存在を知らせてくれるのだろう。
そして“フエ”これはライフジャケットに装備されていたもので、SOSの手立てとしての道具だけあり、シンプルで、これまた強烈な音を発してくれる。
b0198668_15373134.jpg


よろずや斉藤商店で買った鈴、色々買いましたが、これは音がケタ違いです。超オススメ。



フエはドッグレッグする狭い渓流などで事前にこちらを認識させるために使っている。
そして、今年から新たに加わった“爆竹”これは今年の檜原湖で同乗サポートしてくれた方のオススメもあり、送ってもらったモノ、これがこの後、大活躍するとは・・・
b0198668_1539966.jpg


檜原周辺では、山に畑仕事に入る方は、鳴らしてましたね、105円とは思えない武器になります。



そして、最悪の状況で身を守るアイテムとして、常備するのが”クマスプレー”
濃縮トウガラシエキスのスプレーで、10メーターも噴射できる優れもの。
これを持っているだけで、安心感が100倍に、説明書を見ると、ライオンやホッキョクグマにもOKなので、ツキノワグマぐらいならチョロイ?。
b0198668_1544495.jpg


試し噴きしましたが、チョロッと噴いただけで、”えずき”まくりです、効果絶大。
(その2に続きます、そのうち書きます)

by purplestream | 2010-11-09 16:11
2010年 11月 05日
リゾート気分?
何かと忙しい、今日この頃。
今日もホテルに宿泊です。
定宿に到着は、“午前2時”今日はツインのシングルユースです。
b0198668_23201810.jpg



部屋もゆったり出来、落ち着きます。(寝るだけですが)
久しぶりに海側の部屋なので、思わず「パチリ」“暗くて何も映りませんが”
b0198668_23215777.jpg





翌朝は、「快晴」景色が良いのでもう一度「パチリ」
b0198668_23235012.jpg





サイコーの見晴らしです、これで宿泊費6000円は安いですな~。
b0198668_23252979.jpg


明石海峡大橋と淡路島です、意外と近いですね。

by purplestream | 2010-11-05 23:29
2010年 11月 03日
ガード強化してみました
昨日紹介したジグヘッドですが、チョットした工夫をしているので、今日はそれを紹介しましょう。
b0198668_0124488.jpg


見るからに強そうなガードです。



普段ならフッキングマスタージグヘッドには、同梱されている黒色のブラシガードをジグヘッドのガード用の穴に瞬間接着剤で接着している。
通常のウィードやカバーなら、この方がフッキングも良く、カバー回避能力もそこそこあるので、万人に使いやすいセッティングとなるでしょう。
しかし、早明浦ダムのような立木の多いリザーバーでは、攻めているレンジや水深のカバーは、神経を集中しているので根がかりが少ないのだが、その後の回収時にリールを早く巻いてしまうと、手前にある立ち木などに不意打ちで“ひっかっかってしまう事”が意外に多くあるのだ。
b0198668_0217.jpg


セクシーアンクル5.5インチにネコリグマスターはM+を使用しています。





こんな場合、ガードを付属の物より強い物をセットすると、無駄なロストが防げ、快適な釣りが出来ます。
私の場合は、フロロカーボンのショックリーダーを愛用していて、色んな強さのショックリーダ-―を試合などでは常備しています。
大体60~100ポンドぐらいあれば、ジグヘッドからフットボールまでカバー出来るので実に便利。
b0198668_063536.jpg


フロロとナイロンがあるので注意、フロロをお求めください。





使い方は簡単、これまた常備している【ピンバイス】に【精密ドリル刃セット】を用意しておくと、釣りが終わった夜に、次の日に向けて最良のガードがセット出来ます。
b0198668_082083.jpg


年季の入ったセットです。





最初から開いている穴に、最適なドリル刃で穴をあけ直し、ガードを接着するだけです。
ちなみに写真は“ローリングフラッシュジグヘッド”に付属のショックリーダーガードです。(この場合は0.8~0.85ミリのドリルで揉んで下さい)
b0198668_094972.jpg


フロロガードは接着後、爪で何度か軽くしごいてあげると、真っすぐになりますヨ。





なお、このセッティングの場合、ガードが固くなるので、それに見合ったフッキングの強さと、アリウープなどのパワーのあるロッドで確実にフッキング出来る動作を心がけて下さい。
b0198668_0105915.jpg

 

by purplestream | 2010-11-03 00:15
2010年 11月 02日
フッキングマスタージグヘッド
本日、モーリスより何かは分からないが、荷物が到着。
開けてみると、欠品していたジグヘッドであった。
b0198668_2172568.jpg


フックサイズ#1のモデルが欠品してましたが、入荷したようです。






実はこのアイテム、早明浦ダムでプリプラ時にグッドサイズばかりをゲットしてくれたセクシーアンクル5.5インチとのジグヘッドワッキーに使いたかったアイテムであった。
b0198668_2231113.jpg


ヘビーローテーションは2.5グラム、このフォールスピードがハマっていました。モチロンネコリグマスターを使う事で、フルキャストが可能になり、距離をとって狙う事が出来ます、これ重要です。






いつの間にかジグヘッドの手持ち在庫が無くなりかけていたので、発注したのだが、試合には間に合わず、今日来たのだった。
b0198668_226411.jpg


こんな感じでスプールを抑えながらラインを張らずに落として行きます、水深は12メーターぐらいまで、すると、いきなりラインが「ビューッ」と走りますので楽しいです。





このジグヘッド、実は一昔前の「トーナメント流行り時代」はかなりファインワイヤーが好まれたため、それに合わせた線径のワイヤーを使っていたが、結構前から各地のフィールドのバスが大型化してきたため、少し太めのワイヤーにランニングチェンジし、やり取りを安心して出来るジグヘッドになっているのだ。
b0198668_228979.jpg


早明浦のキロアップは半端無く引きます、おまけに立ち木だらけ、ラインはテスト中のニューライン、4ポンドです。




早明浦では水中の見えない立木が多く、このような有る程度強度のあるジグヘッドが要求されたので、プリプラでは非常に役に立ってくれたのだが・・・
b0198668_2294121.jpg


プリプラでは、中々釣れないが、この方法で釣れば800~キロが狙って取れました。




幸いに?試合では手持ちでギリギリで足りたので、“事無き”を得たが、これがメインであったら足りなかったのかも知れない。

by purplestream | 2010-11-02 02:42