<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 31日
憂鬱~




準備完了!!
b0198668_23262548.jpg












何がって!?












これから、最強寒波の中取材へ・・・
b0198668_232714.jpg












どうなるのかは分かりませんが、










出発します。(頑張って来ます)

by purplestream | 2012-01-31 23:24
2012年 01月 30日
寒波



このところの寒波は、本当に寒い~。










もしかしたら、滋賀県一番寒いのでは?
b0198668_237456.jpg













と思ってしまいます。










朝は、こんな感じの時が多いです。
b0198668_2362922.jpg









今週末は、大阪フイッシングショー・・・











モーリスも出展するので、私も行きます、皆さんよろしく。











トークショーは、吉田秀雄と2人でやります。




2月4日(土)       12:30~13:10

2月5日(日)       11:30~12:10


      

by purplestream | 2012-01-30 23:29
2012年 01月 23日
頼みの綱








今日は、これから取材地に向かいます。












用意や、「なんやかんや」で、もうすでに、ヘロヘロですが、

















久し振りに、こいつのお世話になります。
b0198668_19365838.jpg















ユンケルって本当にこんな時、
b0198668_19372629.jpg











頼りになりますね!

by purplestream | 2012-01-23 23:35
2012年 01月 22日
仕上げはライン巻き







メンテ後、組みあげたリールは回転も良く、
b0198668_0221152.jpg








非常に気持ちの良いモノです。










いつまでも、スプールを回していたくなりますね。










ついでに、最近お気に入りの“パワークランク”
b0198668_022428.jpg










コイツもメンテしました。










このリール、凄く剛性が良い感じがして好きなのですが、
b0198668_0231648.jpg










クランクしたハンドルも、ロングタイプで、
b0198668_0234271.jpg











巻くのに、力が入りやすく、メチャ巻きやすく感じます。










琵琶湖など、ウィードの濃い所では、トルクのある











巻き感で、グイグイ、バスを寄せる事が出来ます。











そして、メンテ後は、このラインを巻きます、
b0198668_024186.jpg









プロ用のフロロ、1000メーター巻きです。
b0198668_024454.jpg








ラインは、もちろん“デッド・オア・アライブ”ですよ!

by purplestream | 2012-01-22 23:19
2012年 01月 21日
メンテのキモ






メンテとは言っても、全てバラす・・・のではなく









スプールやシャフトが接触する部分のクリーニングや
b0198668_03334.jpg










メインは、ベアリングの内部の、劣化したオイルを除去し、
b0198668_022994.jpg











新しいオイルを注入する事です。









特に難しい作業は有りませんが、守らなくてはならない事柄があります。










間違ったメンテでは、性能を引き出せません。











洗浄の仕方は、ジップロックなどにベアリングを入れ、
b0198668_042921.jpg











パーツクリーナを噴射し、漬けておいてその後シェイク・・・
b0198668_072648.jpg












段々、液が無色から黄色っぽくなります。










スプールにセットされているベアリングは、パーツクリーナの
b0198668_08259.jpg










噴射で、回転し、フラッシングします。











ここまでは、誰でもやる方法です。








この時、各ベアリングをキッチンペーパーなどの上に置き、

b0198668_0908.jpg










常温になるまで、放置します。(ここ重要です)










パーツクリーナで、冷やされたベアリングは、結露するので、水分が










付きやすく、そこにオイルを注入すると・・・・












そうです、回転悪くなっちゃいます。









なので、常温に戻るまで待ってから、オイルを挿し、組みあげましょう。





b0198668_094658.jpg



このオイル、かなり少ないオイルを滴下出来るので、かなり便利です。

by purplestream | 2012-01-21 23:59
2012年 01月 20日
メンテ開始





ぼちぼちと、暇を見つけては、









リールのメンテナンスを行いだしました。
b0198668_23452252.jpg









開幕直前まで、ほっておけば、慌ててしまいます(いつもの事ですが)









予め、メンテしておくと、気持ちよく働いてくれます。









リールのパフォーマンスを発揮してもらうためには、








チューニングリールほど、メンテが大事になりますね。
b0198668_2346485.jpg










F-0のパーツクリーナーと、F-0オイルを挿しておけば、
b0198668_2346778.jpg











かなりの軽量ルアーも、凄い弾道で、ピッチング出来ます。

by purplestream | 2012-01-20 23:47
2012年 01月 18日
アラバマ系リグ





真冬の釣りにくい時期にも、このリグは、

b0198668_15734.jpg














釣れているようですね。











ただ、今年は琵琶湖でも、水温が下がり切っていないので、














釣れていると、言う事も起因しているようです。














最近の、良く釣れるセッティングには、チャターが良いようです。
b0198668_154731.jpg













チャターが、カーブフォール時にも、明確な振動を送ってくれるので、
















どの位置にリグがあるが、把握しやすいのが良いみたいです。
















そして、周りには、“ローリングフラッシュジグヘッド”が人気です。

b0198668_163865.jpg














適度な強度を兼ね備えたフックに、ロングシャンク、

b0198668_171315.jpg












このリグの為に作ったかのようですね。













そして、キモはヘッドのスプリングのワームキーパー

b0198668_174182.jpg










バイトミスがあっても、ワームがズレないので、]







チャンスが広がります。







フックを挿した後に、ワームを3回程ねじるだけ。









ファットなワームではやりにくいですが、ねじって下さい。

b0198668_1102846.jpg









しっかりセット出来ていると、ワームのヘッドが潰れにくく、

b0198668_110581.jpg













良い時は2~3本釣る事も出来るようです。











ただ、強烈なタックルで、ゴリゴリやるのはどうでしょう、








適度なやり取りで、対応すれば、バスにフックが延ばされる事はないでしょう。

by purplestream | 2012-01-18 23:01
2012年 01月 16日
老眼鏡





前に、タレックスショールームに訪問した時に、
b0198668_22394299.jpg







測定して頂いたデータを元に、







週種類のフレームとレンズが送られて来ました。







その内の2本が、老眼鏡で、内訳は、
b0198668_22425981.jpg






20センチと35センチの距離用です。







ジャポニズムのしゃれたフレームには、パソコン用レンズ。

b0198668_22403279.jpg







フリップアップ出来るフレームには、近距離の仕事用(ルアーのモデリング用)
b0198668_22414547.jpg







リューターなどで、作業し、フリップアップすれば、すぐにルアーをキャスト出来ます。(そのままだと立ち眩みます)
b0198668_22421388.jpg







なので、眼鏡を外す煩わしさが無くなりました。







おまけに、メチャクチャ良く見え、目の疲れがましになりましたよ。

by purplestream | 2012-01-16 23:58
2012年 01月 12日
偏光グラス その2






バスボートで疾走すると、涙が出て来やすくなった。











歳だろうか?その後、結構ドライアイになってしまう。













なので、バスボートに乗るときには、暴風性の高いデザインの
b0198668_23115763.jpg











偏光グラスが、便利です。











と、言う事でバリバスのエクストラストを長距離疾走の多い













試合では、使うようになった。










それまでは、この偏光は、イマイチ私の顔にはマッチしないのでは?












と思っていたのだが、実際は鼻のパッドも2種付いており、

b0198668_23132719.jpg












フィット感はかなり良い。
b0198668_2314151.jpg














プラスチックのフレームは、しなりながらも適度に絞め返して来るので、














ちょっとやそっとでは、ズレないので、そこもバスボートにはグッドです。














そして何よりも軽く、疲れない。













レンズには、“カッチュウ”と言う最新の高強度レンズが採用され、

b0198668_23145633.jpg












かなりオススメの偏光です。













レンズカラーは、トゥルービュースポーツと、
b0198668_23153267.jpg














イーズグリーンを使い分けています。
b0198668_23155735.jpg


by purplestream | 2012-01-12 23:10
2012年 01月 11日
偏光グラス その1






バリバスの偏光グラス、イコールです。
b0198668_15353598.jpg









この偏光グラス、店頭で並んでいる時から、
b0198668_15361469.jpg













何と、すでにレンズはタレックス製の偏光グラスが
















入っています。(それが、凄いですね)













なので、買ってすぐに高度なサイトが楽しめます。











車の運転でも常に使用しているのですが、

b0198668_15364853.jpg













対向車の運転者の顔がハッキリ見えるようになります。















なので、相手が何を考え、どう動こうか?と言うのが先に読め、。(これもサイトです)(笑















安心したドライブが出来ますよ。
















今では、偏光無しのドライブはあり得ないぐらい、頼りにしています。


















フレームは、ニッケル銅合金製で、かなり剛性があり、

b0198668_15371958.jpg










リジッドな装着感が、好みです。












レンズカラーが、数種類選べるのも、嬉しいところです。
b0198668_15394121.jpg











もちろん、メイドイン ジャパンです!

by purplestream | 2012-01-11 23:59