<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 28日
KTFチューン
2016年の試合で使うリールを模索中です。


と、いう事でベイトフィネスリールの


有力候補2機種買ってみました。
b0198668_00513360.jpg


D社SSエアーと

S社アルデBFSリミテッド?です。

実際に自分で使って、判断する事にします。

S社の方は、かなりピーキーで、軽量ルアーに追従する可能性は感じますが、「無いな!」と思い、売り飛ばそうと思ってました。

D社の方は、簡単に扱えるパフォーマンスで若干ブレーキは効き気味ですが、ノーマルでこれは素晴らしいです。

使ってる間に、調子も変わらなそうで、「やるな」と感じました。

ただ、4インチクラスのネコリグなど、極限の状況では、苦労しそうでストレスが溜まると思います。

シャッドなどのキャスタビリティは素晴らしいのですが、ギヤ比が高い以外にも訳があり、向かなさそうです。

かなり残念。

少し重い目のジグなら、使えそうです。

そこで、沢村さんに相談し、アルデをチューンしてもらう事に・・・
b0198668_00513397.jpg


久しぶりにKTFチューンして貰いましたが、流石の出来です。

4インチクラスのネコもスムーズにキャスト出来、アルデ特有のオーバランが殆ど無く、生まれ変わりました。

メチャ低い弾道で、水面ギリギリの隙間に入れて行けます。


スキップさせるのも楽勝で、KTFの凄いところは、スプールに糸巻き量を確保した上で、これだけのパフォーマンスを発揮できるように作っているところです。

なので、いざという時にも、14ポンドを充分巻いたり、シャッドを使う時にも充分にラインが巻けるマージンが残されてます。

チューンしてもらうと、シャッドも投げやすく、アルデリミテッド、追加で探す事になりそうです。

因みに沢村さんは、このリールが一番良かったので、慌てて追加されたようです。

そして、いつも感心するのが、剛性の高いカーボンハンドルと、カーボンドラグで、これをセットにするとハンドル側の持ち重りが無くなり、リールが倒れ込まないので、操作性が驚くほどアップします。
b0198668_00513371.jpg


SSエアーもカーボンドラグに変えてみたくなりました。
b0198668_00513464.jpg



この2種のリールを使って感じたのは、今まで何やったん?と思うぐらいに感度がアップしました。

巻きでは、かなり微細な当たりも取れそうです。




by purplestream | 2016-01-28 00:06
2016年 01月 27日
フィッシングショーで、展示します。
昨年後半に、
b0198668_20203089.jpg


発売しましたユニオンスイマー!




もう少し季節が進むと、
b0198668_20203033.jpg


大活躍してくれると思います。


昨年も


春の亀山で、中村大輔が、
b0198668_20203197.jpg


檜原でも、高梨洋平も、
b0198668_20203115.jpg


そして、自分自身でも
b0198668_20203291.jpg



春のユニオンスイマーの




ドリルフラッシュ、ドリルダートは



恐るべきヤバさで、鳥肌が立つほどです。



基本はノーマルですが、


ウエイトチューンや


何と!背針チューンも
b0198668_20203233.jpg



場所によっては効果的‼️
b0198668_20203327.jpg



このチューン


フィッシングショーで見てもらえます。




by purplestream | 2016-01-27 20:01
2016年 01月 22日
ソルトでも、フルメタルソニック
今年の始めから、連チャンで動画を紹介させて頂いておりますが、かなりの反響があり、フルメタルソニックが一気に店頭から消えたようです。
b0198668_13294072.jpg



動画を見て、使って頂いた方々からはかなり釣果情報があり、【エスケープリフト】【シャッドキルアタック】どちらのパターンも状況によって効果がかなりあったようで嬉しい限りです。
b0198668_13294158.jpg


このメタルバイブを開発開始した時から感じていた事は他の開発ルアーとの兼ね合いで、最初はソリッドティップのロッドでの使用が多く、???と感じていました。
b0198668_13294141.jpg



ソリッドティップは、食い込みが良かったり軽量ルアーのキャストが投げやすくピッチングもしやすいため、現在人気の高いロッドです。

しかし言い換えると、ロッドティップが入り込みやすいので、キャストタイミングがごまかしやすく、食い込みもバスに気付かれずに食い込ませやすいと言えます。

このティップだと振動を吸収してしまい、先だけ極端に曲がる物が多く、エスケープリフトの時には障害物をかわす時にワンテンポもツーテンポも遅れてしまい、スタック率が高くなります。

なので、もしソリッドティップを現在メタルバイブに使われている方は、チューブラーのティップに張りがあるミディアムヘビークラスのロッドを使って頂くと、あまりの違いに驚かれるはずです。
b0198668_13294271.jpg


こういったロッドを使うと、簡単に障害物を交わし、交わしたのも分かりやすく、トリックを仕掛けやすくなります。

そして、シャッドキルアタックの時もそうなのですが、ロングキャストでのフッキングなので、ストロークを長くとってもらう必要があり、これもチューブラーの方が断然オススメです。

この点の質問が多かったので、今回書いてみたのですが、タックルバランスは大事なので、是非お試しください。(ソリッドティップがダメなロッドという事ではありません)
それにしてもフルメタルソニック、発売以来「ここまで違うとは思わなかった」と、驚きの声が多く届きますが、バスだけでなくソルトの報告が多くなって来ました。
b0198668_13294295.jpg



一つはアジとメバルですが、特にアジが良く釣れた報告が多く、アジの釣れるメタバイは無いとよく言われます、東京湾ではガイドの方が巻きで使ってくれているようです。
b0198668_13294234.jpg


そしてもう一つは、シーバスです。
特に東京湾でシーバスが戻ってきた事もありますが、フルメタルソニック、驚くほどシーバスが釣れるようで、お客さんとワームやプラグを投げまくり、全くノーバイトの後に、フルメタを投げると入れ食いになったようで、これ又違うガイドの方が報告をして来てくれました。
b0198668_13294373.jpg


バスですと、リフト&フォールが主体ですが、海の場合はリトリーブで使って貰っています。

スローリトリーブでも十分動くピッチの速さが、ソルトのターゲットを魅了しているようです。

ちなみに、フルメタルソニック、トリプルフックチューンでも、ほぼ変わりない使用をして頂けるので、根掛かりが関係ない場合は、オススメです。
b0198668_13294346.jpg





iPadから送信

by purplestream | 2016-01-22 13:19
2016年 01月 05日
こだわりのクローワーム
来季に向けてユニオンクローの4.3インチのテストを開始しています。
b0198668_12334154.jpg


このクローで拘っているのは、先ず「引き重りしない事」でした。

良く動くパーツを付けたワームは、どうしても抵抗が多くなり、引き重りしたり、フォールスピードを殺してしまう事が多々有ります。

それが良い時も有ますが、デメリットになる事の方が多いのです。

特にフットボールジグとコンボした時は、リアクション効果に期待する事が多く、ストンとバスの目の前に落としたり、障害物に逃げ込むようなアクションをさせる時にスピードがある方がより逃げる感じがして、興味を引く時があります。
b0198668_12334134.jpg



この時に良く動くからと言ってフォールスピードを殺してしまうワームだと、見破られてしまいます。

ユニオンクローは爪が良く動きますが、その部分は引き重りも無いので操作性も良く、使ってもらうと分かるのですが、使用感は抜群です。

現在発売されている3,2インチのユニオンクローは、実は15年?ほど前に作っていた、エクルビスというクローワームがベースで、その当時は陽の目を見る事はありませんでしたが、自分自身、当時のガイドやテストでは良く釣った思い出のクローワームです。(その当時のルアーマガジンには載ってます)
b0198668_12334275.jpg


その当時から爪は変形のシャッドテール形状でデカく、フォールやリトリーブで良く動く爪で、かなり釣れました。
b0198668_12334277.jpg



現在発売しているモデルは、3.2インチですが実は、発売一歩手前までは3.5インチでした。
b0198668_12334203.jpg



しかし、実釣でのテストを繰り返しているうちに、若干の引き重りを感じたので、すぐさま3.2インチを試作し、色んなフィールドで使い比べた結果、3.2インチが全てにおいて上回ったので、3.2インチになったのです。
b0198668_12334248.jpg



ここまで、拘ったユニオンクローですが、違いがわかる玄人の間では人気が高いです。

ここ最近、かなり渋い釣果の続く琵琶湖でも、ユニオンクローを使いこなす方々は驚くほどのビッグバスを釣られてます。
b0198668_12334330.jpg



そう言った方々は、やっぱりユニオンクローの拘りに気が付いて使いこなされているようです、一見同じように見えるクローワームですが、理解を深めると違う世界が見えるようになると思います。

そんな方と昨年末に同船する機会が持てました。

同船して驚いたのは、魚探一つを見ても、とんでもない数のマークが付けられ、長年の努力の跡が見えます、まさにプロ顔負けです。

こんな方にユニオンクローは、選んでもらって喜んでいると思いました。

実はこの時にテストを開始したユニオンクローの4.3インチですが、残念ながらこの日は結果は出狭戦でした。

ただ、最も知りたかった使用感に関してはかなり好感触を得れたので、その後のテストは同船させて頂いた、柴田さんにお願いしていたのですが、その後良い報告が入って来ました。
b0198668_12334310.jpg


琵琶湖のビッグバスハンターに似つかわしい、極太のバスをジグとのコンボでユニオンクロー4.3インチで釣られてました。

しかも、同船者の方もすでに発売しているユニオンクロー3.2インチをジグトレーラーにして60近いバスを釣られ、羨ましい限りです。
b0198668_12334333.jpg


長い年月を生き抜いて来たバスを騙すのは、容易ではありません。

そんなデカいバスをターゲットにしているアングラーにユニオンクローは認められていると思うと嬉しく思います。



iPadから送信

by purplestream | 2016-01-05 12:23