<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2017年 12月 01日
来期は、チャージャーボート

嬉しい事に、来期からチャージャーボート日本総代理店となる、昭和電機様にサポートして頂ける事になりました。
b0198668_18500506.jpg

この話を頂く前に、私自身、チャージャーを昔のイメージで見ていたので、バサーオールスターの会場で展示されていた210を見るまでは「チャージャーの作りなんだろうなぁ」と思っていました。

しかし、その予想は良い意味で裏切られ、デッキなども凄く綺麗に作られていたので、驚きを隠せませんでした。

チャンピオンのハルの型を使って作られたチャージャー、チャンピオンの伝統となるアローも入り、心惹かれる輝きさえ放っていました。
b0198668_18432055.jpg

それからかなりの時間を経て、いきなりオファーを頂いた時に、まだ少し心の奥に何か心配事があり、 契約は試乗後という事にしてもらい、乗ってから決める事にしました。

試乗の日は、お誂え向きに琵琶湖はラフウォーターコンディション、普通「ボートに乗りたいな」とは思わない状況です。

そして、エンジンがこれまた自分の中ではイメージの良く無かったベラード、実際に250馬力のベラードは、海で結構乗っていたので、「無い」と思ってました。

先ずは、湖上に出る前にデッキ周りのチェック、驚いたのはドライビングシートやフットレストの位置が日本人でもシックリ来る位置でした、アメリカのボートなので、大概ポジションは合わない事が多い部分なので、嬉しいポイントです。
b0198668_18423654.jpg

サイドのロッドストレージはチャンピオンの伝統、ロングノーズならではの長く深いストレージで、ロッドやタックルボックスがメチャクチャ入ります。
b0198668_18382826.jpg

センターのストレージも、これでもか?と言うぐらい入りますが、更に二重底になっていて、普段使わない物を入れておけそう、コンソールの横にも小さな引き出しが両サイドにあり、収納は言う事ありません。
b0198668_18395050.jpg

リヤのデッキもライブウエル、サイドストレージ、バッテリーストレージとあり、デッキもかなり広い。

更にシートには、まさかのシートヒーターまで、
b0198668_18463511.jpg


サイドストレージは、バーサスが縦に入る深さで、メッチャ収納出来、ライブウエルには光が入る事でバスが平行感覚をつかみ、弱りにくい工夫がされています、これはかなり効果的なようです。
b0198668_18403723.jpg

バッテリーのストレージも広く作業がし易い感じです。

さあ〜、どんな試乗になるのかワクワクしながら湖へ、、、

ここでまた驚いたのは、かなりスターンヘビーになるのでは?と思っていたべラードでしたが、どうやら、この210自体がチャンピオン時代のスキートリースに合わせて作られ、スキートリースと言えばベラード!そんな事も有り、ベラードとのセッティングはかなり密におこなわれていた様で、バランスが良かったのもビックリ!
b0198668_18444195.jpg

実際に荒れ狂う湖の中をリブレから長命寺付近までパッセンジャーで体感しましたが、怖さが微塵も感じられず、自分でも、向かい波、横波とテストドライブしてきましたが、ただただ、笑うだけしか無い楽しい状況でした。

自分自身、チャンピオンは10台近く乗り継ぎ、18DCXに225psまでチューンしたエンジンを載せ、空中排気仕様の80マイル近く出る、爆音モンスター艇も乗っていた事もあったぐらいの自称チャンピオン通です、それ以外にも19〜22まで色んなチャンピオンを乗って来たうえで、感じたのは、この210は別格です。

今迄のチャンピオンを遥かにしのぐ走破性に荒波を乗り越えた時の安定感から生まれる安心感は、味わったことのない感覚でした。

「ここまでとは‼︎」と、予想を遥かに裏切る完成度の高さと、チャンピオンには無かった安定感、荒れる湖上で釣りをしても、全く横揺れしない事に驚き、チャンピオン社のエンジニアが移籍し進化させたのだなと言う事に納得させられました。

これだけ荒れた湖を、水シブキを被る事なく走り抜けられるのは、チャンピオンボートの血統しか無いと思います。

もちろん、衝撃が少なく体に受ける負担が少ないので、全湖での釣りをターゲットにした方には絶対的に勧められるボートと言え、同時にベラードにも驚きを隠せません、四千回転から来る加速は流石にスーパーチャージャー、フォーストとは思えない乗り味です。
b0198668_18412415.jpg

ベラードはパワステを搭載しているので、荒れた湖で横波を交わすハンドルさばきが細かく行え、しかも疲れる事なく容易に出来ます、流石にパワステは楽です‼️

「文句のつけようが無い!」その乗り味に、何もかも吹っ飛び、契約させて頂く事になりました。

荒れ狂う湖を楽しみながらドライブ出来るボートはそうそう有りません。

この試乗では終始荒れた中を走りましたが、体に受ける衝撃は皆無と言って良いぐらいです。

今後は北湖を視野に入れた戦略を組もうと考えていた矢先なので、強烈な武器を手に入れる事が出来、納艇される日が今から楽しみでなりません。

結果として、エンジンも210とのマッチングの良さからベラードの魅力にノックアウトされてしまい、プロ300を選ぶ事となりました。

まだまだセッティングが出ていない状況でこの走りと言うことは、エンジンの高さやプロップがマッチすると更に素晴らしい物になると思います。

とにかく、荒れた湖でもドライビングを楽しめる唯一無二の最高のボートだと思いますので、実際に試乗して貰えれば、衝撃が走ると思いますよ。
iPadから送信

by purplestream | 2017-12-01 18:36