2017年 07月 10日
フラッシュストレート4.3
先日、長期出張で関東へ行って来ました。

茨城~千葉~埼玉~茨城の営業に加えイベント、テスト、動画撮影と気を抜けない日々が続きます。

千葉で行われたイベントでは、一般のお客様に商品の説明をし買って頂くのですが、うちのブースでは、有名プロ数名の方に大人買いして頂くなど、結構玄人の方に使って頂いているようです。<

イベントの始まる前に某有名プロがご来店され、「フラッシュストレート4.3」を「イベントが始まり、売り切れる前に買わせて下さい」と来られました。

その少し前に行かれた仙台のお店では、フラッシュストレートが売り切れになっていたようで、東北のアフターのスモールマウスには、欠かせない存在になって来ているようです。
b0198668_11455417.jpg


実は私も6月にルアーのテストを兼ね桧原湖に行ったのですが、フラッシュストレートの釣果はダントツで船中40本越えで、型も良く楽しめました。
b0198668_11455451.jpg


この方も、どうも桧原湖でのトーナメントで使われるようでした。

もちろん、桧原湖のガイドさんも使ってくれており、やっぱりダントツの釣果が出るようで、フラッシュユニオンでサポートしている高梨プロのガイドでも、もちろん爆釣してましたので、面白い実験をしてもらいました。
b0198668_11455583.jpg


それは、フラッシュストレートの脚をカットしてお客さんと釣り比べる事です。

結果、脚のカットしていないお客さんの圧倒的な勝利でした。
b0198668_14142064.jpg


この脚は、ラインを張るだけでピリピリ動き、緩めるとピリピリ動きながら倒れ込んで行くので、場所を移動させなくともバスにアピールします。

渋い時ほどフラッシュストレートが強いのはここにも理由があります。



# by purplestream | 2017-07-10 10:26
2017年 07月 05日
フルメタ18g
フルメタルソニックの18gテスト中、

始めは要らないかな〜と思いながらの

軽い気持ちでの試作でした。
b0198668_23253530.jpg


そんな初春のある日、

春特有の爆風の中、

14gをディープホールにて使っていると、

琵琶湖の場合、ウィード抜けエリアで使う事が多く、

ウィードでスタックする事もあり、

マックス10gで充分と感じていたのが、崩壊⁉️

爆風の中4メーターを越える水深では、
b0198668_23253654.jpg


14gは頼り無い感じでした。

そして、取り出した18gのプロトを使うと、

爆風の中でもしっかりした使用感があり、

使い易い。
b0198668_23253646.jpg


そんな中で連発‼️
b0198668_23253771.jpg


目からウロコでした〜〜、
b0198668_23253772.jpg



# by purplestream | 2017-07-05 07:30
2017年 07月 03日
続チャターテスト
福島県でのテスト、釣行から帰宅すると、
b0198668_22292549.jpg


チャターベイトの1/4、1/2オンスの改良試作の型が硬化していたので、マッチングさせるブレードを各ウェイト毎に数種類作り、テストへ、、、

1/4は、かなり当たりが出ていたので2種類で迷い、

1/2はヘッドの改良を大幅に行った事により素晴らしい出来栄えになり、大満足です。

ただ、どちらのウェイトもブレイドの違いで迷いが出ているので、週末に琵琶湖でボートでのテストに出撃する事にしました。
b0198668_22292513.jpg



このテストで更にブレードを細かく作り直し、一日中チャターを巻きまくり、タックルやラインの太さなども変えながら、テスト開始。

やっぱり陸っぱりとボートでは引き感が大きく変わります、

当たり前ですが足場のしっかりした陸っぱりでは、どれも引き感が良い感じに思えます。

しかし、ボートでは引き感が風によったりで変わり、ブレードの選択を迷う所です。

そして1/2のブレードの良い感じのものを発見する事が出来、それを引きまくる事に。

この日の琵琶湖も凄い人で沖の良いポイントには入れそうに無いぐらいの人、シャローを流していても全くバイト無し、

ユニオンチャターの特徴は全てのウェイトで他のチャターでは、振動が感じられないスピード域でもハイピッチシャロークランクのようにしっかり振動が伝わります。

それでいてハイスピードでもボディがバランスを崩しにくく、水面に飛び出ない設計です。

この日は1/2の超スロー巻きで、2メーターオーバーの水深でウィードのトップにコンタクトさせた時にバイトがあり、グッドサイズのバスを数本釣る事が出来ました。
b0198668_22292665.jpg



主に生え揃いかけたエビ藻のエッジを狙ったのですが、ブレイクに絡む所でバスが映り、そこへアバカス4.3のスルーリグを投入すると、ビッグバスが連発、どうも良いポイントにバスが固まっているようです。
b0198668_22292778.jpg


結局チャターとアバカス4.3のスルーリグで5本10キロオーバーの釣果でした。

アバカスは、スローでもテールのレスポンスが良く、ウィードの隙間に入れて行けるスルーリグとの相性は抜群で、昨年も爆発しましたが、今年も効きますね〜。
b0198668_22292720.jpg


それにしてもアフター回復のバスの引きはヤバイですね〜、

ラインはアブソリュートの16ポンドだったので余裕でしたが、もう少しウィードが生えると、これぐらいのラインが標準になってくると思います。
b0198668_22292870.jpg



そして、今週には3/8オンスの生産型ブレードが上がってくるので、どうなるか楽しみです。

このテストで、全ウェイトのヘッドの型も開始したので、発売予定の秋に向け着々と進んででおります。

# by purplestream | 2017-07-03 11:32
2017年 07月 01日
スルーシンカーリグ⁉️
最近、琵琶湖テスト終了後、
b0198668_10311057.jpg



デカいの釣ってるアバカス4.3ですが、


クイックチェンジャー3.5〜7g使用の
b0198668_10311110.jpg




スルーリグです。


クイックチェンジャーは、ウィードの状況に合わせて、即座にウェイトを変えれるのが、メリット、


小まめに変える事で、バイト増やす事が出来ると思います。


次の釣行では、こんなのも試してみよう。
b0198668_10311243.jpg




スイベルをラインに通しておくだけで、
b0198668_10311284.jpg



クイックチェンジャーなら、

ポイントや状況に合わせて、

瞬時にスルーシンカーリグや、
b0198668_10311305.jpg



スルーリグにも、対応可能です。
b0198668_10311370.jpg





# by purplestream | 2017-07-01 07:20
2017年 06月 30日
ゼロフリクションダブル#4来ました。
17年末に発売を予定している、
b0198668_10185185.jpg



フルメタルソニック18gに使う、
b0198668_10185177.jpg



ダブルフック#4が上がって来ました。
b0198668_10185296.jpg



もちろん、ゼロフリクションコートで、

b0198668_10185330.jpg


フッキング抜群です‼️


フック単体でも販売する予定なので、


色々使って貰えると思います。





# by purplestream | 2017-06-30 10:08