2010年 09月 06日
残念ながら・・・
 このブログの画像容量を超えていたため、トーナメント初日から画像アップ出来ず、ストップ状態でした、スイマセン!!
 私の2日目の成績は2本のバスをウェイインしたのみに終わり、まさかの“予選落ち”になってしまいました。
b0198668_20513585.jpg

 心配していた通り、2日目からの水位の減水をプリプラクティスでは体験できず、正直言いまして「何処で釣りをしたら良いか」分からなくなってしまいました。
 この水位の増減が、タイダルリバーである旧吉野川の難しさであると思います。
 今後の課題として、この増減をいかに攻めるか?は実際に減水日を経験して対応しなくては経験値が上がらないでしょう。
 そんな中、イマカツトップチームでは社長が2位、チョットリーが5位と健闘してくれた事が喜ばしい事であり、落ち込んだ気分がかなり救われました。
b0198668_20531971.jpg

 そして、この旧吉には炎天下にも関わらず、多くのトーナメントファンが駆けつけてくれ、
b0198668_20541695.jpg

トーナメント最盛期の時を彷彿させられました、これもゴミ一つ落ちてない素晴らしいフィールドである、旧吉野川が与えてくれたのだと思います。
 これも、四国のバサーのマナーの良さと結束力の賜物だと感じました。
 次の早明浦戦では、この悔しさを胸に刻み、見て凄いと思われるような試合展開を目指して頑張ります。

# by purplestream | 2010-09-06 20:55
2010年 09月 03日
トーナメント初日
 トップ50、4戦目の「旧吉野川戦」の初日が終了。
 あまり釣れない感のある今回の旧吉ですが、流石にトップ50メンバーは
釣ってきます。
 そんな中、一時は精神崩壊状態に陥ったものの、何とか持ち直し、初日は
3925グラムで14位フィニッシュです。
b0198668_20572676.jpg

 また明日頑張ります

# by purplestream | 2010-09-03 20:23
2010年 09月 02日
頑張りますよ~
現在、旧吉野川でこのブログを書いています。
この2日間は公式プラクティス
b0198668_21182825.jpg

こんなのや
b0198668_21195083.jpg

こんなの

b0198668_21224951.jpg
見たことないようなアカメのような風合いのバスまで、
さすが四国です。



































明日からは本戦の2日間の予選が始まります。
プリプラで釣っていた、このクラスが入れば言う事無しです。
b0198668_21282149.jpg


こんな強烈なファイトが試合中にあると、心臓が飛び出しそうになりますョ。

b0198668_2126079.jpg


50アップ2本、試合でもこんなバスを積極的に狙って行きますよ。

とにかく、練習通りミスのない試合展開を目指します。

# by purplestream | 2010-09-02 21:35
2010年 08月 31日
出発します
 とうとう出発当日です、用意はバッチリ?
b0198668_06562.jpg


ロッドの林、ここから絞って行きます。
 旧吉野川はタイダルで水位の増減が激しいので、おのずとタックルが増えてしまう。
b0198668_081926.jpg


束ねたロッドにはEGロッドティップホルダーが便利、これにしてから不注意の破損が無くなりました


 それでは最高の試合が出来るように頑張ってきます。

# by purplestream | 2010-08-31 18:03
2010年 08月 29日
レボも到着
今年から使わせて頂いている、KTFチューンのレボが到着しました。
b0198668_18203475.jpg


これだけあると圧巻ですな~
 とにかくこのリール、使ったら目からウロコが落ちるぐらい、圧倒的なパフォーマンスがあり、軽いルアーがものすごく低い弾道でピッチング出来る。
 そんなリールは他にもありそうだが、このリールの凄いところはブレーキのセッティングにあり、軽いルアーをピッチングしても、スプールが「オーバラン」しないのだ。
b0198668_18232097.jpg


恐るべき軽量なスプールがブレーキと相まってオーバーランを防いでいると思われる
 ピッチング主体の釣りをしていると、どうしてもスプールがオーバーランした時に出るラインのループをそのまま巻き込んで次のキャストに入ってしまうが、軽くバックラッシュしたラインを引っ張り出して直す作業を行っていると、その間にベストなポイントが過ぎたり、チャンスを逃してしまい、同時に著しくリズムも崩れる。
 なので、一区切りのストレッチを釣り終えるとポイントでない後方にキャストし、ラインを巻きなおす作業が必要になる。
 しかしこのリールでは、オーバーランが殆どないので、こんな作業は必要なく、同時にスプールにラインが出ているとキャストした時に、ボディにラインの出っぱしが当たり、傷んでしまう事もない。
 この傷はライトライン(私の場合は6~8ポンドが多い)でのカバーフイッシングでは致命傷になるので、気を配りたいポイントである。
b0198668_18341772.jpg


美しいパープルのアルマイトがパープルストリームにピッタリです

 このリールでは、こんなところに気を配らなくて良いので、非常に楽にベイトフィネスを楽しむ事が出来ている、特に今年の春に沢村さんに糸巻き量の重要さを教えて頂き実践したところ劇的にパフォーマンスがあがり、手放せなくなってしまった。
 ちなみに今はスプールにハンドル50回転のライン量で使っています。
 と、言う事で旧吉戦に向けて追加で作ってもらったという次第であります。
 沢村さん、忙しいとこありがとう御座いました、ありがたく使わせて頂きます。

# by purplestream | 2010-08-29 15:17