2010年 08月 20日
ローリングフラッシュジグヘッド誕生秘話 <その1>
 今回は近日発売が予定されている「ローリングフラッシュジグヘッド」について語ってみようと思う。

 とにかく新商品を開発するとなると、かなり膨大な時間がかかる、それは皆さんが思っているよりも遥かに長い時間である、それだけ、ちゃんとしたメーカーの商品はしっかりとしたテストを経て商品としての生産が「ゴー」されるのだが、実はここから発売する製品を生産する「型」を作る事になる。

 この時点で全てが同時に動き出すのだが、商品の次に動き出すのはパッケージで、これは非常にセンスが要求される所なので、自分の要求やイメージなどを伝えて、デザイナーにデザインを任せるのだ。

 ただ、このデザインをする方は非常にやりにくいのでは?と常々私は思っているが、そんな事はお構い無しに自分のアバウトなイメージを伝える、もちろん何度もやり直す事もあるが、最近はコツを掴まれたのか、あまりやり直しはなく、色合いのチェックでおよそ済んでしまうので、結構スムーズだったりする。

 話が大幅に脱線したが、「このジグヘッドを作ろう」と思い立ったのは実は昨年で、それはイマカツのその当時の新製品であったジャバシャッドの最終テストで、ふらりと琵琶湖に出撃した時の事で、現在すでに発売されている「フッキングマスタージグヘッド」にジャバシャッドをセットした時に思ったのが、「シャンクが短いな~」、「フックが細いな~」という事であった。


b0198668_21474510.jpg

これがこのジグヘッドを作るきっかけになったジャバシャッド4.5インチ


 そりゃ、シシィベイトに照準を絞った「フッキングマスタージグヘッド」なのでそんな長いシャンクのモデルも無ければ、線径もスピニングロッドに3~4ポンドを使う前提でデザインされているので、そのクラスで最高のフッキングパフォーマンスを考えると現在の線径がそのタックルでバランスを考えると強度も充分以上といえる。

 そう、ワームも小さく、繊細な操作で使う春のジグヘッド釣方なんかでは、これが「サイコ~」なのである。

 ただ、ジャバシャッドなどのワームにセットしてピッタリのシャンク、ベイトタックルでの強引なやり取りに耐えるフック強度など、良く考えたら「そんなジグヘッド無いやんけ」と思ってしまったのである。


b0198668_21482271.jpg

フッキングマスタージグヘッド(上)との違い

b0198668_21483972.jpg

下はテストモデルのビスマス製、その後製品となる樹脂タングステン製へとなる


 まあ、存在はしてたとしても、JBトーナメントで使えるエコ素材を使った物は無いはずであったので、どうしても欲しくなり、作る事にした。

 「作る事にした」と簡単に書いては見たものの、自分の一存でもちろん勝手に作る事は出来るはずも無く、もちろんモーリスの偉いさんを納得させなければならないという、ハードルも越えなくてはならないのだ。(続く)

藤木 淳


b0198668_2148945.jpg

ハドスイ4インチにベストフィット

b0198668_21484929.jpg

何とハドルスイマー4.5インチにもフィットするラインナップも存在する。もちろんワイヤーはビッグフイッシュ対応なので安心

# by purplestream | 2010-08-20 09:15 | 開発秘話
2010年 08月 20日
長らくお待たせ致しました。
 長らくお待たせ致しました、この度「パープルストリーム」なる題名で、モーリスの新製品情報やその詳しい使い方、リグり方などなどを詳しく伝えたり、季節季節に効果的なルアーの使い方などを、時にはブログ風に時にはディープに掘り下げ、皆さんのお役に立てればと言う事で、始めさせて頂きます。

 とにかく、毎日更新なんてのは、基本「筆不精」の私には無理なので、週2~3回を目指し情報を発信していきたいと考えておりますので、ゆる~い感じでお付き合い願えればと思います。

 それでは「パープルストリーム」始まります。

藤木 淳


b0198668_1931439.jpg
 

# by purplestream | 2010-08-20 09:00 | お知らせ