2010年 12月 22日
冬に釣るため、その1
いや~、めっきりと寒くなってきましたね~。
こんな時は、こたつでまどろむのが一番ですね~。



















いやいや、そんな事はありません、どんなに寒くったって、バスフイッシングに出かける人は、将来きっと上手くなりますよ!。


















こんな時に釣れれば、自分にとって大きな自信になります!!。
と、言う事で、低水温期の最後の切り札その1
ハドルフライ2.5インチ3.5インチです!



















このワーム今年のトップ50の初戦になった野村ダムでの極寒のプラクティスで、高速道路が通行止めになった積雪があった状況でも、必ずバスを仕留めてくれた逸品なのです!
冬に釣るため、その1_b0198668_2323849.jpg


凄い寒波です、一瞬で雪まみれです、さむ~~~



その時のセッティングは、“オフセット”でフッキングマスターのライトクラスを使用するのがキモです。
冬に釣るため、その1_b0198668_2331752.jpg


ライトクラスの刺さりは異常です、フッキングに自信の無い方は是非使って下さい、確実にフッキングが決まりますよ!!

軽量フックの良いところは、低水温期の弱い吸い込みでも、バスの口にしっかり吸い込まれてくれるところなのです。





使用したリグは、障害物から離す事無く誘い続けられる、ダウンショット、オフセットにする事で、根がかりを大幅に防ぎながらもストラクチャーを大胆に攻められます。
ライトクラスのフックを使う理由は、ワームの浮力を生かし、極ゆっくりとノーシンカーワームのようにフォールするためです。
冬に釣るため、その1_b0198668_2335339.jpg


極寒の中、釣るにはレイヤードもかなり重要です、無敵のレイヤードなので、寒さを感じずに集中して釣りが出来ます。





ディープでリーダー分のノーシンカーワームを操る要領で、シェイクとフォールそしてポーズを繰り返す事で、低活性のバスをバイトに持ち込めます!!

by purplestream | 2010-12-22 23:56


<< 冬に釣るため、その2      紅牛 >>